バレンタイン【生チョコレートに注意】

バレンタインデー間近になると、チョコレートを大々的に売り出すお店もたくさん出てきますが、買うか、自分で仕上げようか頭を悩ませている人も相当いるようです。

好きな人や大事な人に渡すチョコレートは自分で作ったほうが良いのではないかと感じている人も少なくありませんが、あるアンケート結果によると、特別な人ならなおさら有名店や高級店のチョコを渡すと回答した人が多数いたようです。

この結果を鑑みると、お菓子作りがそれほど得意でない人が無理矢理に自分で作らなくても良いのかもしれません。
単純にチョコレートといっても、スイート、ブラック、ホワイト、ビターのようによく知られているもののみならず、豊富なバリエーションがあります。

あげたい相手がどういったチョコレートが好きなのか知っていれば良いですが、知らないときにはよく知られたチョコレートをあげるのが好ましいでしょう。

渡す人のお気に入りのチョコレートの種類は見当もつかないけれど、甘いのが得意ではないことは知っているという場合には、チョコレートの中でもビターを選ぶと良いでしょう。

日本では、バレンタインデーには通常男性に女性からチョコレートを贈ることになるのですが、甘いものを好まないという男性もけっこういるので、バレンタインデーにはビターチョコレートもたくさん出回っています。

ビターチョコレートとは、ミルクが含まれていない、そうでなければ若干しか込められていないもので、ブラックチョコレートも意味としては非常に近くなります。

甘いチョコレートの代表的なものはホワイトチョコレートであり、砂糖を使用しているだけでなくミルクやココアバターなども込められています。

生チョコレートといったものは保管が大変なので、移動中に溶けないように気配りをしなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)